土地探しで忘れてはいけない!重要なポイントを教えます!

目的に合った優良な土地の探し方

土地を購入する際には、どんな法令上の制限が加えられているか確認しなければなりません。まず、市街化区域か市街化調整区域かが問題となります。市街化区域なら建物の建築を進めやすいですが、市街化調整区域では新たな建築に制限がかけられているので、住居用や店舗用にはおすすめできないと言えます。また、どの用途地域に属するかが重要です。住居用に購入したいのなら、低層住居専用地域がおすすめです。低層住居専用地域には、第1種と第2種がありますが、いずれも閑静な住宅街を目指しており、地域内に大規模な商業施設や工場を建築することができません。厳しい高さ制限や建ぺい率と容積率の制限もあって、陽当たりや通風が確保されるよう配慮されています。一方、店舗を持ちたいなら、商業地域や近隣商業地域が望ましいでしょう。

土地選びで注意したいポイントと購入の手続き方法

さらに、周辺に何があるか確認することも重要です。隣地に月極駐車場や古い建築物があると、やがて撤去されて新たに建築物が建てられる心配があります。逆に隣地に墓地があると忌避されがちですが、墓地が撤去されたり移転したりすることは滅多にないので、こうした心配は不要です。以上のような情報については不動産屋に問い合わせてみましょう。購入するとなったら、まず手付金を納めて物件を押さえ、重要事項説明を宅建業者から受けます。次に、売買契約を取り交わして37条書面にサインし、代金や不動産取得税や印紙税などを支払い、所有権の移転登記手続きを行います。

ランディは5ナンバーのカテゴリーの中で、内装など多彩なラインナップがあり使い勝手が良いため人気の車種です。